やっぱり彼方じゃないとダメなんて

そんなコトばかりに突き当たる私。

考える度に

意味をなすことのない気持ちに

鍵をかける。

このままでいい。

ずっとこのままで。

何も見なかったフリをして。

何も感じなかったコトにして。

私は彼方に目を伏せる。

認めてはいけないこの感情を

いつまでもこの胸にしまいこむために。